相続が発生したらまず

相続が発生したらまずお読みください

相続が発生すると、様々な手続きが必要となります。
ただ、その全てを専門家に依頼するとなると、費用面での負担が非常に大きくなります。
勿論、お金に余裕があるならば、それでも良いでしょう。
ただ、そんなに費用も掛けられないのが実情ではないでしょうか。
費用を考え、難しい・複雑な部分のみ専門家に依頼し、自分で出来る限りのことはしてみることをお勧め致します。
当事務所のホームページに夫々のやりかたを記載しております。
是非一読し、ご自分で進めてみては如何でしょうか。
ご自分で進める場合、下記を熟読し、夫々必要なページを参照ください。

自分で進める上での注意点

  • ●「期限を意識し、入念な計画を立てること」
  • ●「最低限の知識を持って臨むこと」
  • ●「時間・労力がかかることの覚悟を持って臨むこと」

以上の重要点を意識し、実行していただければ、大概の手続は出来てしまいます。

専門家に相談・依頼することをおすすめする事例

  1. (1)相続財産が多い。
  2. (2)相続手続きに時間を使っていられない。
  3. (3)相続人間でもめる可能性がある。
  4. (4)相続発生後時間が経ってしまっている。
  5. (5)自分だけでは、不安・判断に迷う。

専門家に依頼する場合にも、時間・労力・費用のバランスを考えることが大切です。

相続手続き総論

相続が発生すると多くの手続きが必要となり、どこから手をつければ良いのか分からない状態になります。
しかし、どれも大事な手続きです。放っておいて良いわけではありません。
相続手続きは大きく3つに分けることが出来ますのでこの枠組ごとに(1)~(3)の順番で進めていくことをおすすめします。

  1. (1)必須届出・申告
  2. (2)財産分割
  3. (3)お見舞金の請求

(1)必須届出・申告

主に市役所(役場)に提出する書類と考えてください。
難しいことを考える必要なく、形式通りに書面を書き、提出すれば大丈夫です。
税金申告に関してのみは税理士に依頼した方が良いですが、相続の際、税金申告が必要となる方は非常に稀です。

(2)財産分割

相続手続きの中で、最も複雑で時間のかかるものです。
早くから取り組む必要があり、決して後回しにしないでください。
特に財産・相続人の調査に関しては慎重かつ迅速に行ってください。

(3)お見舞金の請求

対象となるのかよく検討し、請求してください。
内容が複雑で、期限が決まっています。ただ、最も短い期限のものでも、相続発生から2年です。
「必須届出・申告」と「財産分割」手続が一通り終わり、落ち着いたところで考えれば良いかと思います。
対象条件・手続方法をまとめましたので、参照して手続を行ってください。
注意点としては「請求手続をしないと支給されない。」といったところです。是非、請求できるものはしてください。

当事務所HPでは、3つの手続ごとに一覧表と共に解説していきます。
特に複雑で時間の要する重要手続である「財産分割」については、詳しく解説をしていきますので、熟読し、是非活かして下さい。

相続・遺言に関するお問い合わせは下記より受け付けております

  • トップページ
  • ご依頼費用
  • 相続が発生したらまず
  • 必須届出・申告
  • 財産分割
  • 受給申請
  • 遺言必要度チェック
  • 遺言
  • よくある質問
  • 事務所概要
  • お問い合わせ

会社情報

なごみや行政書士事務所
〒405-0041
山梨山梨市北25
相続遺言に関するご相談窓口
【営業時間】9:30~20:00
  • 0553-37-4759
  • お問い合わせページへ移動
  • 見直しで保険料半額
  • 甲斐もんネット